ハメ撮りfile1(マミの場合・第一部)

ハメ撮りfile1(マミ・第一部)その39

その38からの続き)

「いくよ、そろそろ」
「はい・・・んっんっ」
クリちゃんぐりぐりで、情けなくもすぐ射精の衝動を迎えました。
「いくいくいくいく!」
と立ち上がりました。

どうにかマミの顔に筒先を向けるのに間に合いました。
「イクっ!」
まるでピューっと音でもするかのように、僕の精液がまっすぐマミの顔に飛んでいきます。

瞬間、マミは「ひいっ!」と声を。
最初はマミの頬に当たりました。
次は、マミの左の鼻の穴にかかってしまいました。

すると、鼻ちょうちんならぬザーメンちょうちんが。

「んんっ」と少し苦しそう。
ここでようやくマミが口を開けてくれたので、まだ出きっていない精液を中に出します。

マミは僕の先っちょを「ちゅうっ」と吸ったり、口の中に入れてしたでチロチロしたり。
あまりの気持ち良さに、足がガクガクしてしまいます。

精液の大部分が首元に流れていて、ちょっともったいなかったかな。
汚い液体を顔に、さらに鼻の穴にまでぶちまけてしまったのに、この笑顔。
こんなにいいコとSEXしたことがありません。

しかしたくさん出た。
これを本当に「スッキリ」と言うのでしょう。
マミはしばらく、顔にかかった精液を手で掬い取り、それを伸ばしたり舐めたりしていました。

よほど精液というものに興味があるのでしょうか。
「じゃあ記念に1枚」
とデジカメを向けると、精液まみれの口でニッコリ。

はあ気持ちよかった。

(つづく)

コメント

タイトルとURLをコピーしました