ハメ撮りfile1(マミの場合・第一部)

ハメ撮りfile1(マミ・第一部)その30

その29からの続き)

もうイってもいい塩梅だなということで、ビデオをベッドの上に置いて、両手でおっぱいをわしづかみにしながら腰を送り込みます。
これがなんともキモチイイ。
手に力を入れるとマミは顔をしかめるようにしながら声が大きくなりました。

おっぱいが小さいと「掴む」というより「つまむ」になってしまいますし、大きい人でも痛がる人もいるのですが、マミはコレが好きそう。
ああ、そろそろイキそう。
「じゃあ外すよ」
とゴムを外し、いつものクリちゃんぐりぐり作戦。

ていうかこれ、ほとんど膣口にぐりぐりしてたので、もうナマでしても同じなんじゃ・・・?
ああ、このまま膣中に入れたい。
ああ、イきそうになってきた。
「あーイクイク、いくよ」
と宣言をして、マミのお腹の上に構え、射精。

初球は首元に飛んでいきました。
首に着地した瞬間、マミは「あ”っ!」という悲鳴?をあげました。
第二弾は胸元に。

第3弾も胸元にピシャっと。
キモチイイ。

第4弾はようやく勢いがなくなってきました。

我ながら、よく出た・・・
そのままマミの顔の前におちんちんを持っていくと、カポっと口でくわえてくれました。

これがまたキモチイイ。足ガクガク。
仕上げに亀頭の裏をレロレロされると、中に残っていた精液が「ジュルン」と出る感触がありました。

「まずくない?」
「まずくないです・・・」
とのことです。

(つづく)

コメント

タイトルとURLをコピーしました