ハメ撮りfile1(マミの場合・第一部)

ハメ撮りfile1(マミ・第一部)その4

そのからの続き)

次にマミと会ったのは、あの翌週土曜日の昼。
お盆にも関わらず夕方から仕事だったので、奥さんには「一日中土曜出勤」と伝えました。

さて、今回はちゃんとハメ撮りをするつもりだったのですが、やはりやらかしました。
静止画は前回同様デジタル一眼レフカメラですが、動画はビデオカメラより画質がよかろうということでミラーレス一眼カメラにしたのです。
しかし結果から言えば、動画撮影にはやはりビデオカメラが操作性に優れていて、動画にデジカメは向いていませんでした。

さて、マミの自宅付近のファミレスで待ち合わせ、ランチの後に車で前回と同じラブホに。
こういうのもマミの良いところで、普通の女子だと「ランチはどこそこの〇〇がいい」とかいうことになり、車だと渋滞とかで時間を食ったりして、ランチにありつけてもホテルに行く時間がなくなる・・・ということもよくあるから。
その点マミは、ランチよりもHを優先して考えてくれるのでとても有難い。
しかし今回は明るい昼間で交通量も多いので、誰かに見られてないかとかなり緊張しました。
ホテルに入る前に僕はサングラスをかけ、マミには帽子を深く被ってもらったり。

シャワーを浴びる前、「脱ぐとこ撮っていい?」と聞いたら笑顔で「いいですけど」と笑顔で脱ぎ脱ぎ。でもなんでブラが最後なんだろう。

こんな気軽に撮らせてくれて、実にいいコです。

シャワーを浴びてからイタズラしてるところを鏡ごしに。
もう撮影が当たり前のようになっていて、この笑顔。

で、このあとHになだれ込みます(画質がちょっと粗いのは動画のキャプチャー、そうでないのはデジタル一眼レフ)
とはいえまだマミとの行為の定番が確立されていないのと、前述のようにミラーレス一眼の動画機能がやりづらく、動画は細切れでアングルもイマイチでした。

シックスナインをしようとしている1枚。
もうヌルヌルしてお尻の穴まで光ってます。

その後しばらく指でイジイジしたあと、わざと「アソコが大きく写ってるよー」と言いながら1枚。
「いやあん・・・」と照れながらビクンビクンしてました。

今日もゴム付き挿入。

あれからまだ一週間なのに、よほど僕のが欲しかったのか、自分から手を伸ばしてあてがってきました。
そのあとお尻をもぞもぞさせ、自分で入れようとしてたので、僕のほうからズズイっと。

しばらく動かして引き抜くと、メレンゲのようなものが絡みついてきました。

マミは濡れやすく、すぐこうなります。
(メレンゲの部分だけ残してモザイク入れました)

(つづく)

コメント

タイトルとURLをコピーしました